腸内ガス抜きは必須!下剤や食事制限無しで腸内環境の改善策の解説です。

腸内ガス抜きは必須!下剤や食事制限無しで腸内環境の改善策

腸内ガス抜きができないというのは本当に辛いことですよね。

 

老廃物や毒素が腸内に溜まってしまい、しかも便秘体質に
なってしまった場合は、強い悪臭を放つガスが出たりして
周りの人に多大な迷惑行為になってしまいます。

 

腸内環境が極度に悪化していると、このような症状で
苦しみ、吹き出物や、ニキビ、肌荒れ、全身の倦怠感、
むくみが発症することもあるかと思います。

 

私自身がこの腸内ガス抜きが出来ずに、大変な思いを
したことがあります。

 

私は下剤を買って飲むという
生活をしていたことがあります。

 

この下剤というのは確かに即効性の面では非常に
効果が高く私は重宝していました。

 

しかし効果というのは長期的に見ると、イマイチである
ということが判明しました。

 

最初のうちは、下剤を飲めば便意を催すので、何とか
腸内ガス抜きが上手くいくのです。

 

しかし下剤を何度も飲み続けていると、次第に便意を
催さなくなってしまい、さらに下剤を飲むという
が必要になり、だんだん下剤の効果が薄れていって
しまうのでした。

 

最終的には下剤を飲んでも全く便意が無いという状態に
陥ってしまい、遂には胃腸科に診察にいくしかなくなって
しまいました。

 

実際にレントゲン検査をしてみたのですが、腸内ガスと
便が詰まってしまっていて、非常に危険であるという
診断結果が出されました。

 

そして下剤というのはあくまでも最終的な手段として
用いるべき薬品だり、依存してはならないというアドバイス
をいただきました。

 

なんと下剤に依存すると、腸が本来機能するはずの
排便機能というのが弱体化してしまい、機能しなくなる
恐れもあるということでした。

 

私は完全に下剤依存体質に陥ってしまったため、腸が
本来機能する排便機能がほぼゼロに近い状態にまで
陥ってしまっていたのでした。

 

これをきっかけに私は下剤をスッパリとやめて、なんとか
して腸内ガス抜き対策をしようと、ネットを使って調べる
ことにしました。

 

そしてようやくこれこそ腸内ガス抜き対策になると思える
有力情報を入手することに成功しました。

 

それは腸内環境を改善させるための対策をすればよい
という事実でした。

 

私は下剤に今まで頼っていたわけですが、このような薬剤
に頼らずに、腸内環境を改善することは可能であることが
判明しました。

 

これなら、薬品に頼ったり食事制限をしたり、断食をしたり
するという不健康な行為は一切せずに、腸内を元気にして
健康体をキープすることが可能になるのです。

 

本当にあのとき医者の忠告を聞いていなかったら、いまだに
下剤を買い続けていたところです。

 

そして大切なお金をドブに捨てていたところでした。

 

 

ホーム RSS購読